最新下着情報館

世界各国の下着についての話題を面白おかしく配信します!流行の下着から勝負下着の話まで様々!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワコール(京都市南区)の販売子会社ワコールフランスは、24-27日にパリで開かれる下着の国際見本市「サロン インターナショナル ド ランジェリー」に出展する。日本の下着メーカーの本格的な出展は初めて。競争が厳しい欧州の販路拡大を目指す。
 同見本市は毎年、世界各地から500社以上が出展して開催されている。主に中・高級ブランドの商品を手掛けるワコールフランスはブラジャーショーツなど4種類の商品群から流行のデザインを取り入れた下着など70-80点を出展する。
 ワコールフランスは、3年後をめどにフランスの取引専門店を約550店から最多で700店に増やす方針。また、ロシアや中東などへの輸出拡大も目指している。
 ワコールホールディングスは「欧州方面の事業拡大に向け、出展により欧州でのブランド認知度を高める」(IR・広報室)としている。


1月23日配信 京都新聞
スポンサーサイト
英高級ファッションブランドのバーバリーが、新たに下着ラインの展開を計画していることが分かった。デザイナーのクリストファー・ベイリー氏が12日、ロイターのインタビューで述べた。
 独自のチェック柄で知られるバーバリーだが、ベイリー氏は下着について「発表日を現時点で話し合っているわけではないが、間違いなく計画段階にはある」と語った。
 ジョルジオ・アルマーニやドルチェ&ガッバーナ(D&G)などのブランドは、すでに男性・女性向けの下着ラインを展開。アルマーニは男性用下着の広告にサッカーのスター選手デビッド・ベッカムを起用している。

1月14日配信 ロイター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。