最新下着情報館

世界各国の下着についての話題を面白おかしく配信します!流行の下着から勝負下着の話まで様々!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スイスの山あいの小さな村で、80歳を超えたおばあちゃんたちが起こした革命! 夫と死別したマルタは若い頃の夢だった、自らデザインした下着を売るブティックを開店する。保守的な村にあって、80歳にして下着屋を始めたマルタを人々は冷笑するが、彼女は決して夢をあきらめない。そんな彼女の姿に徐々に周囲の人々も感化され始め…。人口750万人のスイスで38万人以上の人々が劇場に足を運び、翌年のアカデミー賞外国語映画賞の同国代表作品となった『マルタのやさしい刺繍』。本作で主人公のマルタを演じたシュテファニー・グラーザーに話を聞いた。

「この時期に女優として最高の瞬間を迎えられることを幸せに思う」

インタビュー前日までプロモーションのために大阪を訪れていたというシュテファニー。さぞお疲れかと思いきや、全くそんな素振りを見せず、こぼれるような笑顔を浮かべてインタビュールームに姿を現した。聞けば大阪でも、夜中までダンスに興じていたのだとか。
「いつものことよ(笑)。日本に来て急に眠くなることがあるけど、これは疲れじゃなく、きっと時差ボケのせいね」。そう笑う彼女は、どう見ても80歳を過ぎているように見えない。


10月16日15時45分配信 cinemacafe.net

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。