最新下着情報館

世界各国の下着についての話題を面白おかしく配信します!流行の下着から勝負下着の話まで様々!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11日付新聞晨報によると、中国では些細なことがきっかけになり離婚する若い夫婦が増えている。結婚を「神聖視」する意識が薄れたこともあるが、一人っ子で幼少時代から物質的に恵まれた世代には忍耐力や他人を思いやる心が欠落しているとの見方がある。

掲示板の書き込みでは、離婚までの経緯として、以下のようなケースが紹介された。

●事例1…便秘で激突
 夫は便秘体質だった。毎日朝、40分以上、トイレを占領する。妻が知ったのは結婚後。朝のトイレの順序を決めるよう求めたが夫は応じず。毎朝、争いが絶えなかった。ある日、夫は椅子を投げつけるなどして「全面戦争」に発展。ふたりは離婚した。

●事例2…「いびき」と「神隠し」
 事業に成功した夫は経済的にも余裕があり、結婚後も妻に宝飾品や車をプレゼント。義理の母にもネックレスをプレゼントするなど、気前がよかった。ただ、ひどいいびきをかくので、妻は睡眠不足に。ある日、おずおずと「病院に行ってみては」と提案したが、夫は何も答えなかった。その日、夫からもらった宝飾品が消えた。数日間、妻がいびきの話をしなかったところ、宝飾品はいつのまにか、戻っていた。

 妻があらためて、病院でいびきの治療を受けるよう求め、「治るまで寝室を別にしたい」と言うと次の日、自動車が消えていた。結局、妻は離婚を求めた。

●事例3…疑惑のパンティー
 ある日、シャワーを浴びた後、脱いだパンティーが見当たらない。さんざん探した後、夫に聞いてみたが、分からなかった。

 日がたってから、夫が突然言い出した「下着を検査してもらったんだ。君は不倫をしていないといういうことが分かった」と。「貞節を疑われる」ような覚えが全くない妻は激怒。ふたりには2歳の子がいたが、離婚を決めた。


3月13日0時22分配信 サーチナ


急な出費も携帯一つ おまとめ一本化 消費者金融検索

本当の出会いを求めるあなたに

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。